JOURNAL

REPORT

見たことがないものをつくり続ける

お疲れ様です、フロントマネージャー佐藤です。
今週は頓堀204号室に追加で置く小物や絵を作成していたりしました!
色々な画像をコラージュしたものをを油絵のように加工してキャンバスに印刷して。
(入稿から2日後には納品されて感動的)
早く飾られたところ見たいです!

そして昨晩は11月8日に武道館にて開催される世界で一番楽しい学校『SA-CUS/サーカス!』の打合せで美術の方向性を話しあっていきました。
会議が終わったあとに只石が、早速アイデアをまとめたりしながら試行錯誤していたのですが、最初は会議の中で出ていたテーマを形にするために、前回使用して保管してあるもので何が使えるかを考えていました。

このまま順調にまとまっていくのかな、と思ったらいきなり
「違う違う!なんであるもので完成させようとしているんだ!」
と。
今のままでは空間を構成する小物が前回のサーカス!と同じものが多くなってしまうことに気付きハッとしたそうで。

その日はそのまま帰ったのですが、今朝には、
「昨日話してたテーマもいいけど、別の感じのほうがいいなと思って、こんなのどうですか?って話して方向性決まったよー!」と!
自宅でずっと考えてリサーチしまくって、自分の中のふわっとしていたイメージを明確にするための要素を探していたそう。

自分のできることだけをやる。というところに危機感を持っていて、それを継続してしまうと自分の力が衰退してしまうということをいつも持っているからこその出来事だと思いました。
だからいつも挑戦して、発見して新しい見たことないものを、自分が一番ワクワクできるものをつくり続けているのだなと、只石の粘り強い信念を感じる瞬間でもありました。

サーカス!はアカデミックでとっても幻想的な空間になること間違いなしなので、当日が楽しみです!!

お疲れ様です。